スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミ×アマガミ。

なんと言っても今日はアマガミの話題になりますね。

☆マジキューコミックス『アマガミ-VariousArtists 3-』が発売されました。

エッジの効いたというかトンガッた作家陣で構成されたアンソロコミックも、はやくも3冊目。
今回はエロス控えめ(?)神風多目。
カバーを外してのお楽しみも健在。アイアイ・・・やっぱ気にしてるんだな・・・

巻頭の杏二さんのコミックがよかったですね。薫の豪腕といい、橘さんの紳士的行動といい、楽しく読めました。
月吉ヒロキさんの水マフや若月さなさんの水エプなどカラーイラストも見ごたえアリだ!
変態紳士必携の一冊、かも。買ってない人は今すぐ書店へGOだ!もしくはポチれ!

☆TVアニメ『アマガミSS』今夏放送開始と公開されました。
ファミ通.comにてティザームービーPVも公開されております。

ついに来ましたか。
今作は各ヒロインごとのオムニバス形式だということで。
この手のゲームのTVアニメ化でオムニバスっていうのは結構珍しいような?
スーパーバイザーとして高山さんの名前が入ってる辺り、よほど前回懲りたのでしょう力の入れようが伺えます。
PVを見ただけではまだなんとも判断が付かない部分もありますが、期待して待ちましょう!
スポンサーサイト

10000達成。

プリキュアMADの初作品『プリキュアオールスターズ×Hustle_Muscle』が、1万再生突破しました。


作った時は3000再生/100コメントくらいいけば御の字かなーくらいのつもりだったんですけど、思った以上に伸びてくれました。
ニコマスの方はまだ2000再生くらいしか行って無いんだけどね・・・orz
ちなみに次点はアマガミの最初の動画。8000再生くらい。

プリキュアMADは自分でも結構納得のいく、というか思った通りの動画を作ることができていて、MAD屋としてはかなり充実した感じであります。
ニコマスや静止画MADだと、どうしても描いていた完成形に及ばぬモノで終わってしまっていたので。
そういう面では、自分に一番あってるスタイルなのかなとも思います<アニメMAD


作る宣言してたTLSSのMADは・・・うう・・・

続きを読む »

愛を取り戻せ。


断固ラブせつ。ラブせつは百合を超えたなにか。

どうでも良いんですが、『愛を取り戻せ』の歌詞って、なんか順番がチグハグな気がするんですよね。

『熱い心クサリで繋いでも 今は無駄だよ / 邪魔する奴は指先ひとつでダウンさ』
『お前求めさまよう心いま 熱く燃えてる / 全てとかし無残に飛び散るはずさ』

↑元はこうなワケですが、

↓言葉のつながり的にこうじゃね?
『熱い心クサリで繋いでも今は無駄だよ / 全て溶かし無残に飛び散るはずさ』
『お前求め彷徨う心いま熱く燃えてる / 邪魔する奴は指先ひとつでダウンさ』


つまり
『俺の熱い心を鎖で繋ごうとしても、そんな鎖は全て溶かして無残に飛び散らすぜ!』
『お前を求めて熱く燃えてる俺の心を邪魔する奴は、指先ひとつでダウンしちまうぜ!』
というのが自然なんじゃないかなぁ。

てなことをかれこれ20年くらい考えていえる編集まそでした。チャンチャン。

アマガミアンソロジー

おっとぉ、いつの間にかアマガミ・コミックアンソロジー3巻の情報ががが。
最近こっち方面のアンテナ感度が弱まっててすみません。

さて・・・気になる執筆陣は、と。
【表紙】平つくね
【口絵】月吉ヒロキ/若月さな/梢日向/如月群真
【コミック】杏仁/千里きりん/鴇田アルミ/歌麿/フクダーダ/竹村雪秀/ベンジャミン/黒井みめい/ha-ru/たかやki/紺野あずれ/ホムンクルス/宮社惣恭/しのぎ鋭介/真田鈴/オトウフ
(以上、まんが王倶楽部さまより転載)
太字は個人的に気になるトコ。

紺野あずれさんの変態漫画に期待。
しのぎ鋭介さんはTLSSのころからちょくちょくイラストを拝見しておりました。
黒井みめいさんはぐんぐん絵が上手くなってきてる感じがして実によい。

平つくねサンと月吉ヒロキさんが表紙/イラストのみなのが惜しい。

ネタかぶり。


てなわけで、先日買ったプリキュアオールスターズDX2の主題歌(ED曲)で一本作ってみたわけなんですが。
・・・覚悟してたとはいえ、やっぱ他の人に先を越されるとちょびっと悔しいかなw
実質4日くらいで仕上げたんですけど。
劇場版を中心に、バトルシーンもダンスシーンもキャッキャウフフも・・・と欲張って色々盛り込んでみたら、まとまりが無いというか方向性を見失ったというかなんというか。
実は曲だけでなく使ってた映像も一部かぶっちゃってたんで、あわてて差し替えた次第。
ま、早い遅いとか優劣とかでなく、ひとつの曲に対してのアプローチというか、作り手によってコレだけ違いが出る、ということで。



↓こちらが他の方が作られたモノ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。