スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリキュア漢女祭(おとめまつり)2010。

というわけでまたもプリキュアでMADです。

なんやかんやで作るのに1ヶ月近くかかりました。といっても、時間の殆どは音声素材集めに費やしたわけで・・・
コメントで『実況無しバージョンも欲しい』とか頂いてますけど、多分この動画は実況音声無しだと面白くないと思うんですよね・・・実況音声無しなら、全員必殺技バンクで繋げたほうが見栄えがいいでしょうし。

本当は各プリキュアと選手とをリンクさせたかったんですけど、収拾がつかなくなるのでやめました。
ナギサーエンコ・ヒョードルとかアントニオ・ユキシロ・ノゲイラとかやりたかった。
漢女塾塾長、りん・フライとか(もういいって)

ちなみにSSの薫と満がいない(最後にちょっと出てくるけど)のは、自分が5gogo以前のプリキュアは劇場版しか見ていない(映像も手元にない)のでキャラが掴めず、いい戦闘シーンもわからなかったから。ファンの方すみません。
闇ドリを入れたのは願望です。

というわけで、実況音声の解説をしておきます。
キュアブラック
『殴って!殴って!殴って!殴って!殴りまくるー!!』
PRIDEより、ドン・フライVS高山善廣
解説不要、伝説的殴りあい。

キュアホワイト
『しかしバックを取った・・・ああっと首にきたぞ!頭から落ちたぞどうか!?』
PRIDEより、ヒョードルVSケビン・ランデルマン
ランデルマンがヒョードルをスープレックス気味に頭から落っことしたシーン。
なんでヒョードルはその後も平気で攻めてしかも勝つの?不死身なの?

シャイニールミナス
『顔で受けた!顔で受けたマーク・ハント!』
K-1より、マーク・ハントVSレイ・セフォー
コレも伝説的殴りあいの試合。セフォー格好いいので好きです。

キュアブルーム
『・・・がしかし右フック!右のフックレイ・セフォー!』
K-1より、レイ・セフォーVSジェロム・レ・バンナ
またセフォー。膝からガクンと落ちてダウンしたバンナはやばかったなあ。

キュアイーグレット
『カバーする!小橋がカットに入る!カウントはツー、カウントはツー!』
全日本プロレスより、小橋・三沢組VSスタン・ハンセン・ジャイアント馬場組
すごく古い試合です。重低音ストンピングが鳴り響く!

キュアドリーム
『左のアッパー左のボディ左のストレート!さあここからはミルコの時間帯です!』
K-1より、ミルコ・クロコップVS武蔵
アナゴさんがボコられた試合。映像的には左のストレートしか合ってないです。

キュアルージュ
『早くも捕らえた!早くも捕らえた!さあ一気に行くのか!さあどうする!』
PRIDEより、吉田秀彦VSヴァンダレイ・シウバ
吉田は結構好きな選手。試合開始早々、吉田がシウバを掴んで組み技に持ち込むシーンです。

キュアレモネード
『さあ後ろから!来るか!今日は、今日は胴着がない!』
PRIDEより、吉田秀彦VS小川直也
柔道出身の二人が、お互い柔道着無しでの試合。吉田が小川のバックを取ったシーンです。

キュアミント
『タイガースープレックスー!!!!死んでしまうーーーー!!!!』
プロレスリングNOAHより、三沢光晴VS小橋建太
今なお語り草、『花道から場外へのタイガースープレックス』。落差3mくらい有るんじゃ・・・

キュアアクア
『さあ・・・おっと左のハイキック!左のハイキックー!!』
K-1よりミルコ・クロコップVSイゴール・ボブチャンチン
ミルコの左ハイ。いい音だしてます。

ミルキィローズ
『また殴りあうまた殴りあう!ドン・フライのくぁwせdrftgyふじこさらに!さらに殴りあいは続く!』
PRIDEより、ドン・フライVS高山善廣
ムシバーン(ローズが戦ってる相手)がドン・フライに見えたのでw

キュアピーチ
『さあ東京ドームに!現れた!プロレスLOVE!!』
プロレスリングNOAHより、三沢・小川組VS武藤・太陽ケア組の入場シーン
桃園ラブだからプロレスLOVE!入場シーンみたいで格好いいよね!

キュアベリー・キュアパイン
『アレク大ピンチ!ダブルインパクトーーーー!!!』
プロレス(バトラーツ)より、ロード・ウォリアーズVSアレクサンダー大塚・モハメド・ヨネ組
ツープラトン枠が欲しかったのでこの二人に。別に端折ったわけじゃ(ry
ツープラトンといえば、誰か3代目タイガーの『スカイハイ・フランケンシュタイナー』の映像持ってませんか?

キュアパッション
『ローを合わせる、しかしここはベルナルドが出ていきます。1・2・3・4! ダウーン、ダウーン!』
K-1より、マイク・ベルナルドVSアーネスト・ホースト
ホーストのコンビネーションは芸術的ですね。
実際にはパッションは3発しか出してませんw

ダークドリーム
『腕輪をとりました!NWOを思いっきり、リング上にぶつけてまいりました!』
新日本プロレスより、蝶野・ムタ組VSノートン・小島組
NWOムタが試合中にリングを去り、武藤になって戻ってきて、NWOのリストバンドをリングに叩き付けたシーン・・・って説明が難しいんですけど。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。