スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢女祭2011の解説など。

今日(4/27)は娘の誕生日でした。
・・・かつてTLSSスレで爆誕報告したのがつい昨日のようだ・・・
blog拍手でおたおめコメントくださった方は、当事の事を覚えてらっしゃったってことでしょうか。
ありがとうございます。

さてさて、『Precre漢女祭2011』沢山の再生、コメント、マイリス登録本当に有難う御座います。
今回はかなり笑いの要素を込めたので、2010ほどカッコいいと言う感じでは無かったかもしれません。
・・・ネタ、無いんだって。マジで。
2012も頼む、とかタグ付けられても困りますって!(嬉しそうに)

というわけで、各キュアのキャッチフレーズと実況音声について、解説を載せておきます。
といっても元の音声ファイルをごっそり削除してしまったので、一部あいまいなところもありますがご容赦ください。
以下格納。
キュアブラック
キャッチフレーズ元ネタ:エメリヤーエンコ・ヒョードル(MMA)
「倒れない!共に倒れない!子供の喧嘩のような殴り合い!!」
熱くて死ぬぜ。

キュアホワイト

キャッチフレーズ元ネタ:アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(MMA)
「締め上げてきた!入り方はどう・・・!?」『入ってる?』「こんな技があるか!?締め・・・あっとォー!?」
ノゲイラのサブミッションは芸術的。アントニオ・ユキシロ・ノゲイラってことで。

シャイニールミナス
キャッチフレーズ元ネタ:北斗晶(女子プロレス)
「この体勢は!ファイアーバード!ファイアーバード!ファイアーバード・スプラッシューッ!」
キャッチフレーズはクィーン繋がりってことで。コーナーからのダイブ技のイメージの実況。
コメントの『ファイアーバード=鳳凰ひなた繋がりか』は狙い通りですが、よくぞ気付かれました。

キュアブルーム

キャッチフレーズ元ネタ:マーク・ケアー(MMA)
キュアイーグレット
キャッチフレーズ元ネタ:小橋建太(プロレス)
前半:「あーっと同士討ち!」
後半:「まさかこの位置から垂直落下式ブレーンバスターなんて事は・・・」『ここで垂直やったらヤバイね』「人間としては、道徳上考えられませんが・・・うわーっ!?あーッと!うわあーッ!?」
小橋が秋山に対し、リングサイトから場外へ(いわゆる奈落式とか断崖式)ブレーンバスターをかましたシーン。
死ぬって。

キュアドリーム
キャッチフレーズ元ネタ:丸藤正道(プロレス)
「なにを持ってくる!?あーッ!!シューティング・スター・プレスーッ!!」
そのまんま。

キュアルージュ
キャッチフレーズ元ネタ:青柳政司(プロレス)
「爆殺シューター!!」
キャッチフレーズも爆殺シューター(橋本真也:プロレス)にした方が解りやすかったかもしらん。

キュアレモネード
キャッチフレーズ元ネタ:ブルーザー・ブロディ(プロレス)
「さあブロディだ!ブロディだ!チェーンを振り回す!!」
チェーンと言えばブロディですよね。オウオウ!

キュアミント
キャッチフレーズ元ネタ:三沢光晴(プロレス)
「エメラルド・フロウジョーーーーン!!!!」
緑つながりで三沢さん。怒ると一番怖いってレベルじゃない。

キュアアクア
キャッチフレーズ元ネタ:ジャイアント馬場(プロレス)
「これは馬場コールか!?これは馬場コールだ!これは馬場コールだ!ロープに振る!あーっと十六文!十六文!!やった!!」
アクアさんの前蹴りが格好良かったので。他意はありません。ありませんってば。

ミルキィローズ
キャッチフレーズ元ネタ:ボブ・サップ(MMA)
「さあ来るぞ!上から来るぞ!!」
もっとこう、マウントポジションからのパウンドだって解りやすい実況があればよかったんですけど。
ローズは強くてカッコいいので結構好きです。

キュアピーチ
キャッチフレーズ元ネタ:ドン・フライ(MMA)
「右ーーーーッ!!バダ・ハリの右ストレートーーッ!!ダグ・ヴィニーダウーーン!!カウントが進む!!」『効きましたねコレ』
ラブさんはボーイッシュでも男勝りでもないのに、どうしてあんなにオトコマエなんだろう・・・

キュアベリー
キャッチフレーズ元ネタ:アーネスト・ホースト(K-1)
「あーッ速い!これは速い!素晴らしいコンビネーションだ!」
ミキタンは完璧ですから。

キュアパイン

キャッチフレーズ元ネタ:ヴァンダレイ・シウバ(MMA)
「おおー右の膝ーッ!コレが毒針!!」『まさに毒針です!』
やたら強いDX2版ブッキー。これが覇王の真髄か。

キュアパッション
キャッチフレーズ元ネタ:北斗晶(女子プロレス)
「ああッいきなり!いきなり!いきなりノーザンライト・ボムッ!えーッ!?」『素晴らしいっ』
北斗さん二度目の採用。ラブせつは正義。

キュアブロッサム
キャッチフレーズ元ネタ:越中詩郎(プロレス)
「さぁー越中ここは勝負と見たか!ヒップアタックーッ!!」
さすがに『ケツおやじ』は可哀想なのでやめといた。
ブロッサム=越中は早いうちからネタに決めてました。

キュアマリン
キャッチフレーズ元ネタ:ダイナマイト・キッド(プロレス)
「いったんエプロンサイドにでてトップロープをまたぐ!得意のフライングヘッドバットか!フライング・ヘッドバットーッ!!」
これも早いうちから決めてたっしゅ!

キュアサンシャイン
キャッチフレーズ元ネタ;神取忍(女子プロレス)
「あーっグー!明らかにグー!ナックルパートが来ました!」
プロレスでグーで殴るのは反則なのですよ。
どうでもいいですが、未だにこのブログに『キュアサンシャイン おへそ』とかの単語で辿りつく人は一体何を求めているんだ・・・

キュアムーンライト
キャッチフレーズ元ネタ:セーム・シュルト(K-1)
実況はちょっと歓声が多くて聞き取りにくいですね。「連打!ボディだ!」『あー危ない危ない!』とかそんな感じで。時折聞こえる打撃音がヤバイ。
キュアムーンシュルト。他意はありません。ありませんってば。

キュアフラワー
キャッチフレーズ元ネタ:ピーター・アーツ(K-1)
「全国のプロレスファンの皆さん!ついにこの時がやってきました!これは夢ではありません!CGでもありません!プロレスファンで良かった!そして、この時代に生まれて良かった!夢が、現実となりました!!」
まさか本当にキュアフラワーが観られるとはねえ。

キュアメロディとキュアリズムは今回はキャッチフレーズ無し!
二人の戦いはまだまだこれからですし、どんなキャラになっていくかはこれからのお楽しみですもんね!
スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。